DMPを使おう~色々なデータが使えるDMP~

できること

インプットとアウトプット

DMPにはメリットがあり、そのメリットを活用してできることが多くあります。それは情報をインプットやアウトプットすることです。インプットはログデータを中心とした取り組みを行っています。アウトプットは、広告施策を中心としています。今後のDMPはアウトプット先が増加していく可能性があると言われていますが、現在はアウトプット先が限られています。上記のアウトプットはすでにたくさんの有名企業が行っています。

色々なデータが活用できる

DMPを導入することで活用できることがあります。それは、広告配信をする前にどのくらい効果を発揮するのかを知ることが出来る予測機能が付いていることです。その機能がついていれば、広告配信を行なった時に、どのくらいの人が、ウェブサイトを見ているのかが分かるのです。このような事が出来る理由としてあげられるのが、実際の実績がどれくらい出てるのかを各セグメントのCVでみるということができるからです。DMPは天気のデータやニュースのデータなども活用が可能です。あらゆるデータを管理する場合、DMPを導入してみましょう。色々なことが実現できるようになります。また、分析したデータの結果をアクションに移すことができます。