DMPを使おう~色々なデータが使えるDMP~

DSPとの違い

DMPの前者にいるDSP

オーディエンスにある全てのデータの管理を行なっているDMPには、概念が二つ含まれています。それは、配信先であるデータセラー側とクライアント側です。これらを別の視点で見ると広告を担当しているDMPとマーケティング施策を最適にするためにあるDMPという側面になります。その前者にいるのがDSPと呼ばれるテクノロジーです。このDSPを効率よく活用するとオーディエンスがどのような状態になのかをしっかり把握することが出来ます。オーディエンスの状態がわかればメッセージを送ることが出来ますし、良いタイミングで、広告配信を行なうことが出来るのです。

オーディエンス

広告配信をすると、その配信に反応してデータが残るようになっています。オーディエンスが配信を行なう地域や、クリックやビュースルーをするクッキーなどの要素を学習している為に広告が最適化されているのです。お金で購入したオディエンスデータを元々保有しているデータ格納装置にためていきます。学習や分析を何度も繰り返しながら広告配信の制度をより高く上げていきます。そして次に広告を配信するときは、より最適化になります。これがDMPと呼ばれるものなのです。DSPとは広告主であるクライアントでの広告の効果を最大限に発揮させるため支援を行なうツールのことを言います。